こだわりのパジャマをお探しなら

睡眠環境・寝具指導士の店長も使用中のパジャマ
睡眠環境・寝具指導士の店長も使用中のパジャマ
続きを読む 0 コメント

明日のため、将来のため

昨日のビーバップハイヒール、見ました??


疲労医学の権威、梶本修身教授が、ゲスト出演されており、

合計30分ほど、「疲労」についての特集がされていました。



実はこの方、当店で取り扱いしている、

「オーダー枕とオーダーマット、自分に合わせた寝具で寝ると疲労が軽減される」と科学的に証明してくださった大先生です。


論文発表もされ、テレビ番組や新聞でも取り上げられたのですが、

その時にお伺いした「疲労」に関する色々なことをわかりやすく解説してくださっていました。



疲れを癒やしたり、快適な眠りを得るためには、

ぬるま湯で半身浴をしたり、

サングラスをかけて外出したり、

昼寝をしたり、

オレンジ色の照明で寝たりと、

日々の生活で、カンタンにできる一工夫を色々とおしえてくださいました。


そしてその締めの言葉は「結局、疲労を癒すのは睡眠です。」とおっしゃっていましたね。


その方が、実験で使用した敷き寝具というものが、


当店でお作りできる、「オーダー枕とオーダーマット」なんです!






で、昨日はそのオーダーマットを2件3名様のもとへとお届けに行ってきました。



1件目は大阪市内、東住吉区にお住いの20代男性。

台湾から留学のため、日本に来ている学生さんです。

学生さんといっても将来の夢はしっかりともっておられ、

そのために「しっかり寝たい」と先日、枕を作りにきてくださいました。



その夢というのは「料理人」。

それも「和食」。


台湾で一流の和食レストランを開業するのが夢だそうです。


その夢を実現するため、

京都駅前の一流ホテルで修行、と同時に大阪市内に住み、大阪の日本語学校へ。



この両立、すごくないっすか!?


でもこちらのお客様は、

「ガンバル。しっかり寝れば大丈夫。そのためにはこの枕とマットがあればダイジョブです。」

とおっしゃるのです。


「その通りですね!」と言いながらも、同年代ながら、心の底から尊敬の念を抱きました。

そんな素敵な方の将来のためのお手伝いができ、光栄です。





そして、2件目は八尾市の60代ご夫婦。


素敵な出会いで、話が長くなるので、また明日にでも。。

0 コメント

交野市に一流ブランドが!?

「眠り」に目覚める若者たち、と題して先日ブログを書かせていただきましたが、
今日は昔から、眠り屋よねはらをごどヒイキにしてくださっている70代ご夫婦のお話です。


こちらのご主人様、と~ってもお偉い方で、約1年前にどこかの高級旅館の改装記念に招待されたそうです。


「そこで一晩寝たベッドが気持ちよくてね、安いもんじゃないけど、その場で買っちゃったんだよ。」
とおっしゃいます。


まぁ一応ボクのプロとして「寝具のコト」についてお話をしなければいけなかったんですが、

ついつい、「ボクもそんなかっこいい男になりたいです。」なんて口走っちゃいました。


もちろんその後は涼しい店内で汗ビショになりながらお話させていただきました!


それもそのはず、お客様の相談内容は「ベッド」の買い替え。

そう「ベッドフレームとベッドマットレス」の買い替えなのです。


枕キッカケで寝姿勢の話をさせていただいたりしてマットレスや敷きふとん、その周辺の環境の話をさせていただいたことはありますが、(というかこの流れを毎日繰り返し、社長のご指摘をいただき、深くお客様に伝えるという修行中です。かわいがってもらってます。)

「ベッド」という項目からお話をさせていただくのは初めての経験だったので、頭フル回転。汗ビッショリ。


極端な話、ベッドは何でもいいとしても、カラダを毎晩預けるマットはしっかりとリラックスできるモノじゃないと!的な話から始まり、枕とマットレスが理想の寝姿勢を作ることをご説明差し上げ、測定⇒試着。

お二人ともご満悦の表情です。


その後、「ベッドフレーム」

最近、素直に「コレすごいな…」と感じるベッド。オススメしたのは、もちろん「ひのきベッド」です。

セラミック炭がスゴイって話とか、ひのきがイイ!って話をさせていただきましたが、確実にボクの話は「つたない話」でした。


しかし!ベッドとマットレスを合わせて本日ご成約いただきました。


でもこれ、謙遜でもなんでもなく、「眠り屋よねはら」のブランド力なんだって100%思います。

最初っからお客様は「眠り屋よねはら」に一番に買いにきてくださったのです。

車を20分も走らせれば、昔から有名な「家具の街」こと家具団地もあるのに。
1時間以内に「ニ○リ」も「ふとんの○○」あるのに。

でも選んでくださった。

店の60年の歴史はこの信頼によって成り立ってきたんだと、しみじみ感じました。



この信頼をもっともっと大きくして、たくさんの人に知ってもらわねば!!!!!!!




追伸、ボクのブログをいつも見てくださってるみなさま。

最近文字オンリーのブログが頻発しておりますこと、お許しくださいませ。

感じることが深くて濃いもので…。

次回はネタと絵を入れながらのおもしろブログにしたいなぁなんて自分でハードルあげときます。

0 コメント

「眠り」に目覚める若者たち。

今日はイイコトがありました!(毎日イイコトだらけですが、今日は特に。)


昼過ぎに電話が入りました。

「ホームページ見て今向かってるんですけど、送迎ってしてくれるんですか!?」

ってことでちょうど手も空いていたので最寄の星田駅までお迎えに向かいました。


改札口から出てきたのは同い年くらいの男性。

聞いてみると歳は一つ下の(ボクより断然スタイルよくて、超男前です。)

「奈良から来たんです!」

ホームページをご覧いただいたみたいですが、ズバリ「オーダーメイド枕」で検索され、

上位に出てくる大きなお店さんはパスして眠り屋よねはらを選んでくださったんです。

なぜか、

「こだわってそうだったから。」


そう、このお客様、モノへのこだわりがすごい!

「どうせ買うならこだわりたい。」これがそのお客様のモットーなのです。(尊敬します。)

こちらのお客様、基本的にうつ伏せで寝ていらっしゃいました。

「・・・それは非常にマズイ・・・でも何でうつ伏せになっちゃうんでしょうか。」

と今お使いの寝具などの色々なお話しを聞かせていただいた上で、

できる限りのアドバイスをさせていただきました。


お客様は熱心に、つたないボクの話を聞いてくださり、全国で11万人以上にお使いいただいている、

西川のオーダー枕をキッカケに「眠り」に目覚められ、
 結果、西川のオーダー敷きふとんをご注文されました。


10年以上快適にお使いいただけたり、後々のアフターフォロー・メンテナンスをキッチリとさせていただいてはおりますが、決して安い買い物ではないと思います。

10年以上使えるから、一晩あたりで計算すると40円くらいですよ、なんて説明はさせていただきましたが、お客様は単純に「イイモノだから買う」と決心されたのです。


寝具における「イイモノ」って何でしょう。

高級素材を使ったモノがイイのかもしれません。

品質の割に安く売られているモノがイイのかもしれません。


ただ、一番イイモノって「自分に合っているモノ」なんじゃないかと思います。

今日はこの単純かつ明確な買い物の仕方をお客様に教えていただけました。

しかも、年下の男性に。(尊敬です。)



こだわりの眠り屋は大阪府交野市にありますが、

「眠り」に目覚め、こだわる若者が急増中です。

0 コメント

夜、暑いっすねー!

昨日、夜中に汗かいて喉渇いて目が覚めました。

それもそのはず。

昨年末からボク達夫婦の寝具は変化無しでした。

つまり冬用の寝具で昨日の暑い夜に挑んだのです。

いやぁ、あそこまで急激に暑くなるとは…。


そして、今日。
妻が寝具を入れ替えてくれました。(帰宅したらそうなってると祈りたい。)

下から、
1、【ウール】のふわふわした敷きパッドの上に、【麻】のシャリ感満点の敷きパッド。

2、【タオル地】の枕カバー⇒【麻】の枕カバー

3、【羽毛】ふとん⇒【ウール】ケット

その他カバー類・パジャマも入れ替えでございます。


これらの寝具、嫁入り道具で用意していただいたものです。

ワタクシ、昨シーズンはよく意味もわからなくその寝具で寝させてもらっておりました。

全く、価値や意味を理解しておりませんでした。

ただただ単純に「気持ちええなぁ~」と感じながらグ~スカ寝ていたもんです。


しかし!今はちょっとわかります。

だから次のブログから「夏に使いたい寝具、というか素材シリーズ」みたいなんやろうと思ってます。

今晩はいつもより寝るのが楽しみです!

すいません、明日はお休みいただきます!
大阪のおじいちゃんと、大阪のおっちゃんと、京都の両親に会いにブイブイ走ってきます(^0^)

0 コメント

睡眠不足じゃないですか?

毎朝、娘が一番先に起きます。

夜はボク・妻・娘の並びで寝るんですが、朝に気が付けば娘はボク達の間で遊んでいます。
早朝に目が覚めた時、娘の顔はボクの顔の横にありました。
おしりは妻の方を向いていました。

今朝妻から聞きましたが、娘は妻に「屁」を連発していたそうです。
「よくやった我が娘よ。」と大きくなったら真剣に伝えたいと思います。

さて、今日は睡眠不足について。

ある世論調査では、
睡眠時間が「足りている」と答えた人が68.5%
「不足している」が31.3%だったそうです。

これが「日本人の3分の1が眠りに悩んでいる」と言われる証拠ですね。

ちなみに30代男性と40代女性が最も「睡眠不足」を感じているそうです。

どちらの年齢層も今まさに働き盛りの世代じゃないでしょうか。

ブラマヨ吉田さんの「どうかしてるゼ!」と叫びたくなるような現実ですが、

嬉しい統計もあります。

男女それぞれの睡眠時間で一番多い回答が得られたのがコレ。
男性「6~7時間」
女性「7~8時間」

「7時間睡眠」が一番いいと(統計上多い)される中、まさに「7時間」くらい寝たはりますやん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「7時間」寝てるのに「睡眠不足」??????

そう、ある意味充分寝ているのに睡眠が足りていない気がしている人が多いんですね。

ストレス社会だとか、夜も街の光が明るいとか、色々な要因があるんでしょうが、

必ず、「合ってない寝具」を「合っている」と思っている。もしくは「興味がない」方が多いんだとボクは思っています。
(ボクが2年前までそうでしたから)


人間、仕事を辞めるのはそう簡単じゃありません。
勉強をしないのもそう簡単じゃありません。
街の光を消すのはほぼ不可能です。
友達や上司の誘いを断ることも、できるならば避けたいはずです。

しかし!

自分に合った寝具を見つける事はできます。

睡眠時間が短くても、深くグッスリと眠れたならば、次の日の朝は元気にスタートできて、
一日中元気に活動できるんです。有意義に。

そのためにも「眠りの時間」をもっと大切にしましょう!


それでは、プールでバシャバシャ泳いで腹を引き締めてきます!

0 コメント

GWの疲れにご注意を!!

相変わらず昼食はうどん1玉です。
しかし、全く痩せません。

毎晩、妻がお腹の脂肪マッサージしてくれます。
しかし、全く痩せません。


皆様、ゴールデンなウィークをいかがお過ごしでしょうか?

休みの方々は、普段よりも気持ちは高ぶり、外へ遊びに出掛けたり。

仕事の方々は、普段よりも忙しい業務を通してGWを実感したり。

普段とは違ったリズム、そして体力だけでなく精神的にも刺激が多い期間ですね。


正月やGW、夏休みがあるからこそ、その日を楽しみに普段がんばれるから必要な期間かもしれませんが、

自覚している以上に身体には負担がかかり睡眠にも影響しているかもしれません。

だからこそ、ゴールデンなウィークだからこそ、ぐっすり眠れる方法をご紹介いたします。

1、入浴
ぬるめの湯船にゆっくり浸かる。

寝る1時間以上前が効果的って説です。

ボクは熱い風呂、熱いシャワーを5分くらいで済ますのが大好きですが、
最近は嫁さんが風呂から上がってから、ボクが入って、娘を入れて。
からの入浴タイムになるので、必然的に湯船はぬる~くなっています。
ガス節約というエコ活動にも参加してるのでシャワーの設定温度も低め。
女子か!とツッコまれそうなくらいゆっくり風呂で歌を歌ったりしています。
配水管を通してアパートの隣や下の住人さんはボクの歌声に毎晩酔いしれている事でしょう。


2、香り
ラベンダー等の癒しの香りを楽しむ。

ラベンダー等の香り成分には眠りを誘い、深い眠りへと導いてくれる成分があるそうです。

意味あるかないかわかりませんが、うちの「トイレ」はジャスミンの香りが漂っています。
靴下はフローラルの香りです。今ならボクの靴下の香り、無料体験会実施中です。


3、運動
軽く運動すると、これまたいい睡眠が得られます。

身体がポカポカしますからね。ただし、これも寝る寸前にはしないでくださいね。

赤ちゃんが眠たくなると手足が温かくなりますよね。

これは、人間は寝る前に体熱を放出しようとするからなんですね。

この働きを助けるためにも、軽いストレッチなどをして血流をよくしてやる事が大事なんです。

入浴も同じような理論です。

ボクは寝る前に嫁さんにお腹をグリグリとブルブルとマッサージされます。
ボクが「筋肉に張り付いてる脂肪を溶かしてやりたいんだ!」と毎日言うから、
厚意でやってくれているのですが、結構痛いので腹筋使ってます。(内緒です)


4、日光
「寝る前に日光て!」ってツッコまないでください。

前回ので「朝、起きてからするべき事。」もご紹介した通り、

夜寝る準備は朝起きた瞬間から始まっています。

日光を朝にしっかり浴びないと、夜うまい具合に眠たくなりづらいんですね。

あっ、寝る前にコンビニとかのめっちゃ明るい光を浴びるのもよくないんです。

PCやスマホもそうですね。「ブルーライト」とか言って最近話題のアレ。良くないんです。


も~っと色々、「夜、寝る前にするべき事。」があるんですが、考えすぎると眠れなくなるんでやめときましょう。



さて、このゴールデンウィーク、楽しいですね。
去年までは飲食業界にいたので、もちろんゴールデンウィークも働きまくりでしたが、
今年からは格別楽しい。

今までは正直、「普段より多いお客様の数をいかに上手くこなすか」でそのための段取りとか準備を整えることに楽しみを感じていましたが、

今はどれだけお客様が多くても、一切妥協せずに、「お越し下さった方に、いかにぐっすり眠っていただくか」を考えて、働けています。

まぁ、社長や本部長のマネをしているだけなんですが、たまらなく楽しいのでボクもそうなれるって信じています。


昨日も汗びっしょりで2時間以上お客様にお話をしていたら、お客様も熱心に話を聞いてくださいました。

今日は汗びっしょりでベッドを納品したり、オーダーマットレスを何回も組み替えました。

明日から半袖ポロシャツで出勤オッケーいただきました。(ちょっと早いですがお許しを)


皆様、ゴールデンウィークを楽しく過ごし切るためにも、ぐっすりとおやすみください(^0^)

0 コメント

朝、起きてからするべき事。

昼過ぎ、雨が降ってきたので通勤で使っている自転車を、屋根のある所に移動させた瞬間、
雨が止みました。


今日は、「朝起きてからするべき事」

①日光を浴びる

朝起きてまずすべきは「日光を浴びる」。

日光を浴びると、メラトニンという物質が分泌されます。
このメラトニンを簡単に表現すると、
朝は「起きろ~動くで~
夜は「そろそろ寝るで~」的な命令を出してくれるんですね。

 ①の内容にもリンクしますが、決まった時間に起きて日光を浴びることによって
一日のリズムが確立され、夜はスッと寝れて、朝もスッキリ起きれるんですね。

ちなみにボクは目覚まし時計が鳴っても「もうちょっと寝よかな?」と思う朝もありますが、
とにかく絶対に手を伸ばしてカーテンをパシャーッと開けます。
おかげ様で8時にはスッキリ起きて23時過ぎには眠たくなります。
仕事の日でも休みの日でも。


②決まった時間に起きて、朝食⇒排便
注:)無理にきばらないでください。

排便する事自体が「するべき事」ではありませんが、朝起きてしっかりと胃や腸の内臓が働いてくれれば、
自然と身体は便を排出したくなるもんです。

家を出るべき時間ギリギリまで寝ていては、朝食を食べる時間もなく⇒便意を催す時間もなく。
となってしまい、便秘になる可能性があります。

ちなみにボクはこの世に生まれてから一度も便秘になった事はありませんが、
そういえば毎日、【起きる⇒小⇒朝食⇒⇒家を出る⇒到着⇒】です。

不快に思われた方、申し訳ございません。


③適度な運動

適度な運動をして、眠りモードな自律神経を活動モードに切り替えてあげましょう。

極端な話ですが、ベッドに水道・トイレ・ガス・炊飯器・エンジン・タイヤ・ハンドル・アクセルが付いているとしましょう。

これだと朝起きてから仕事先まで全部の用事がベッドの上で済むんですね。

めっちゃラクで近未来な感じはしますが、これで出勤してきた人は寝ぼけたまま就業するんでしょうね。

だから適度に運動してください。

ちなみにボクは最近チャリ通です。
マウンテンバイクなので、無駄に道路の段差をジャンプしたり、わざと遠回りしながら出勤してます。
(そのせいで、たまに社長の方が早く出勤され、開店準備をしていただいてるという大失態があり、非常に気まずい一日のスタートもありますが)

店に着く頃には頭も身体もバッチリ活動モードです。


最後まで呼んでくださり、ありがとうございました。

次回の題材は「夜、寝る前にするべき事」を予定しております。

0 コメント

人類のテーマ。適度な「睡眠時間」って?

今日30代のステキなご夫婦にオーダーメイド枕の接客でつかせていただいたのですが、
睡眠時間についてお話している時に、ズバリ「何時間睡眠がいいのか」を答えたいけども、
答えられない(人によって違うので)事がもどかしく、

何かそういうテスト的なものはないかと探してみました。

結論から言うと、今のところ見つかっていません…。

(アメリカ発のチェックリストみたいのを見つけたんですが、
なぜか途中でページ更新できなくなるんです。)


いっそのこと自分で作ってやろうかと思い、

改めて整理してみました。


なので今日のブログは文字ばっかりブログです。


8時間睡眠がいいとか7時間がいいとか、
3時間でもいいとか、いややっぱり9時間必要だとか、

睡眠時間について色んな議論がなされていますが、

統計上、「7時間睡眠」一番寿命が長いと言われています。

巷でも「7時間」がええんでっせ!みたいな動きがありますが、

これは人によって違うので断言はできません。


ボク自信も、何時間睡眠が合っているのかわかりません。
(いつもは8時間くらい。自分のベッドが気持ちよ過ぎるので12時間くらい寝てみたい。)


ひとつヒントになるのは、睡眠時間によって性格に特徴が出るという研究結果もある事。


ショートスリーパー(6時間未満、人口の10%)は

外向的・楽観的・自信家・ストレスを溜め込みづらい。

ナポレオンやエジソンがそうだったらしいです。


平均的スリーパー(6~9時間、人口の80%)は

性格もロングとショートの間。


ロングスリーパー(9時間以上、人口の10%)は

内向的・ストレスを溜めやすい。奇抜なアイディアが出る。

アインシュタインは10時間以上寝ていたみたいです。


・・・っていう情報は結構有名なのです。

・・・ということは逆算すれば自分に合った、適度な睡眠時間がわかるのでは!?


と思い、今日から身をもって実証してみたいと思います。

ボクの性格はショートスリーパー系かなと思うので、睡眠時間をまずは「6時間」にしてみようかと。

寝入る時間はできるだけ一定にして、できるだけ23時から2時のゴールデンタイは寝ていたい。

そして朝起きると日光を浴びてと考えると6時頃には起きる計算になります。




がんばります。
ぐっすりと質の高い睡眠がとれれば、少ない時間でも癒されると信じて・・・。

0 コメント

「時短グッズ」が流行る理由。


「時短グッズ」「時短の工夫」が流行していますね。

誰だって、しなければいけない事(仕事・家事等)はできるだけ短くして、

余った時間を有意義に使いたいですね。


例えば家事で想像してみましょう。

・朝起きて、
・朝ごはんを作る、食べる(お弁当を作る)
・洗濯機を回す、干す、たたむ
・買い物に行く
・夜ごはんの準備をする、食べる
・お風呂に入る
・ゆっくりする
・寝る

この動作に15時間かかったとしましょう。

時短グッズでそれぞれの時間を3分の1に減らせたら?

5時間で物事を済まし、残りの10時間で他の物事をしたり、

なんといっても、しなければいけない事が終わっているので、集中できるんですね


コレ、睡眠にも言えるんです。(睡眠時間を短くするという意味ではありません!)


人生3分の1の時間を費やすという睡眠時間。

寝つきが悪い、寝苦しい、首や肩が痛いと感じながらの睡眠だと、

たとえ十分な睡眠時間を確保できたとしても、朝起きるとつらいはず。

つまり、一日中しんどい。


今日から4月にもなり、さぁこれから!という忙しい時期。

十分な睡眠時間を確保できないとしても、

グググッと深い、質の高い睡眠がとれたなら?

そう、一日中楽しく、有意義に、色んな事に集中できるんですね。



「時短グッズ」とは言えないかもしれませんが、

「時幸グッズ」と言いたいグッズ、

眠り屋よねはらにいっぱいあります。

よかったら覗いてってください(^0^)vvvvvvv


もちろん体重は70キロ切ってません!
昨日もたらふく飲んで食べちゃいました!
エイプリルフール!

0 コメント

お客さまのお声:睡眠薬の量減ったわ!

土曜日ということもあり、朝からバタバタで刺激的な一日でした。

小春日和の陽気を感じながら、3件配達に行かせていただきましたが、
(店は店でドッタバタだったみたいです笑)


その中の1件で泣きそうになりました。


以前にもこのブログに書かせていただいた、WAVE-Σという優れたウレタンの敷きふとんを

納品させていただいた、お客さまのお家に別件で今日行くことになってたんです。


到着して商品をお渡しした時に、

「その後、使い心地・寝心地はいかがですか?」と伺うと、

「睡眠薬2錠飲んでたけど1錠でしっかり眠れるねん。寝つきがよくなったわ!」と!

2錠が1錠になったのは大きな差か小さな差なのかわかりませんが、

大事なのは、できるだけ自然に(睡眠導入剤は決して悪ではありません)ぐっすり眠れるか。

すんなり眠れて朝スッキリ起きれるか。

一日楽しくなるか。


17時前の忙しい時間帯にも関わらず、玄関口でスーパー笑顔で迎えてくださったその奥様。


人生が変わったというのは大げさかもしれませんが、

良い方向に向かっていることが

リアルなお客さまのお声と雰囲気で確認できたのが、

本っ当に嬉しかった。


先述の方とは対照的に、もう一件、

堺に配達させていただいたお客さまは新生活にあたり、

今日からオーダー敷きマットレスをお使いになる方。

ご自分の体型・体重に100%合ったマットレスで、これからぐっすり眠って

今よりさらに楽しい人生への門出をしていただけるかと思うと、

こっちが眠れないくらい嬉しい限りです。

0 コメント

二度寝しちゃうの…。

今日はちょっと長いです。昨晩の出来事です。


昨日、中学からの親友のジョセフ(仮称)が泊まりにきました。

ジョセフは深刻そうな顔

「彼女ができない…。」

ではなく

「休みの日に朝起きて、昼過ぎまで二度寝しちゃうの僕、コレってダメだよね?」

と僕に質問を投げかけてきました。


僕はこう答えました。

「現状、休みの日に眠たいと感じるのならば、寝ればいい。
気にするべきは、なぜそんなにも眠たいのか」


ジョセフは昔から、

「友達の家に泊まりに行ってもなかなか寝れない」ちょっと神経質なヤツ

そんな彼は最近、自分の寝床でも

・3時間おきに起きる

夢を見る

・家族曰く最近は寝言で発狂しているらしいんです。


「3時間」という平均的な、レム睡眠・ノンレム睡眠のリズムがあるのはいい事ですが、

温厚なジョセフが夜中に独りで発狂しているとは僕も心配になりました。


これだけ質の低いであろう睡眠ばかりとっているジョセフなのに、

仕事中には眠たくならないんだ僕。」と言うんです。


僕は即答しました。彼もそれに対して答えます。

僕「それは単に、仕事に対する責任感と気合で乗り切れているだけじゃないかな。」

ジョセフ「確かにそうかも。今はまだ若いから体力的にも大丈夫なのかな。」

僕「そうだよ!このまま眠りの悩みを抱えて、10年後・20年後どうなってるか想像してごらん!」

ジョセフ「・・・きついよね。」

僕「ぐっすり寝て、休みの日だけじゃなく、仕事中も今より元気に楽しく過ごせた10年後・20年後は?」

ジョセフ「・・・それ、いいね!」

僕「ちょっとずつでも、良い方向に進めるように僕も手伝うよ!」

ジョセフ「ありがとう、今日はもう眠たいから寝るよ!」


と、「アイムソーリー・ヒゲソーリー・あんたのヒゲソーリー」と連呼する妻を横目で見ながら、
赤ワインを片手にマブダチと語り明かした昨晩の出来事でした。

0 コメント

1週間の睡眠不足で700以上の遺伝子がダメージ…。

・仕事が忙しい。
・ゲームがやめられない。
・飲み会が続いている。

等々、睡眠不足になることもありますね。

でもまあ、仕方がない。


では済まされません!!!!!


イギリスのサリー大学の研究です。

6時間以下睡眠1週間続けるという実験を被験者数十名に。

それぞれのリボ核酸というのを分析すると、

700以上遺伝子ダメージを受けていたそうです。

体内時計、新陳代謝、免疫、ストレス応答等に

関連する遺伝子で肥満心臓病を引き起こす原因になるのだとか。



人によって必要な睡眠時間は違えど、

しっかり寝れたら健康になれるってことですね。

どうしても、十分な睡眠時間を確保できないのならば、

いかに質の高い睡眠ができるか。

眠り屋よねはらにお手伝いさせてください!

0 コメント

いつやる!?今でしょー!!

「いつやる!?今でしょー!!」が最近巷で流行っていますね。

この言葉、「快適な眠り」にも言えると思うんですよ。

ぐっすり寝たら明日がラク

それが積み重なると10年後、20年後が幸せなんですよね。

オーダーメイド枕が欲しいって思っている方や、

どうしたらいいかわからないけど、「ぐっすり寝たい・・・

って感じている方々へ。

「いつから快適に眠る!?今からでしょー!!」

0 コメント

仰向きで寝れるありがたさ。

今日の雨はキツいですね。


春までに一定ラインまで体重を落とさなければ、
「昼食1週間素うどん1玉のみ」と社長から罰ゲームを言い渡されました。


そして、昨日なぜか妻に、
「なんでか忘れたけど、この前アンタが麺すすっててムセた時にめっちゃ腹立った、ほんまムカつく。」と
冷静な顔で夕食中に言い渡されました。理由はわかりません。

それでも僕は家族を愛しています。


がんばります。



前置きが長くなりました。


今日の社長のブログでもありますが、

介護の世界でバリバリ働いておられる女性がオーダー枕を作りにでご来店。


特許取得の立位測定器で測定した結果は・・・「Wライン」


やはり身体のカーブが大きいのでスタイルがよく見える反面、

その方たちは肩こりや腰痛になりやすいという特徴があります。


枕だけではなく敷きふとんも合わせて、100%理想の寝姿勢を体験していただきました。

それを実現するのは13000通りの異なった固さのキューブの組み合わせからなる敷きふとん。
 
 
難しい話は無しにして、その方の声が本当に嬉しかった。。。。。

仰向きラク~。」

毎日のようにこんな嬉しい言葉を聞けると本当に嬉しいんです。


少しでも多くの人にこの寝心地を味わって、っていうかコレで寝て、

毎日元気に活動できたら、

日本はすごく元気で明るい国になるやろなぁ。

よし、がんばろうと今日もさらに思えた一日でした。

0 コメント

春・夏

今日は超カンタンに。

西川リビングさんから春・夏モノのカタログが届きました。

自分自身見た事のない商品が多々あり、

やはり秋・冬モノとは違う雰囲気と質を持った商品に心躍らせています。

勉強しなければついていけないので、がんばります。


そういえば、おじいちゃんが正月に「あったかくなったら麻の敷きパッド届けて~」って言ってくれてたなぁ。

半年先のことを楽しく考えているおじいちゃん。素敵ですね。


僕も負けじとモリモリ元気でがんばりま~す!

0 コメント

絶対にやめてください!「こたつ寝」

「こたつ寝」は超危険!

うちにも店にもこたつがあります。
ほんとにこの季節、気持ちいいですよね。

ついついウトウトして、そのままこたつで寝ちゃったり。

昔から「こたつで寝たら風邪引くで!」ってよくお母ちゃんに怒られたものですね。


しかしこれ、実際に危ないんです。

1、脱水症状
2、便秘
3、脳梗塞
4、不眠
5、肩こり・腰痛

こたつで寝ると、近赤外線でガンガン皮膚表面が温められ、
グングン汗が放出されます。
気持ち良く感じるこたつの熱めの温度が、逆に睡眠中の体温調節を混乱させて
脱水症状・不眠の危険性アップ!



脱水症状で、便は水分を失い排出されにくくなり、
血液もドロドロになり、
便秘・脳梗塞の危険性アップ!



カチカチの床じゃないにしろ、もちろん寝床よりかは固い。
不自然な姿勢で寝て
肩こり・腰痛の危険性アップ!


命の危険に関わる「こたつ」

正しく「こたつ」を使って、気持ちよくこの冬を乗り越えましょう!

0 コメント

塩分不足=朝起きれない!?

昨日の退勤時間と、今日の出勤時間は雨が降っていなかったので、
明日も良い事が起こりそうです。

それはそうと、ここ何年かで「塩分ひかえめ」や「減塩」を売りにした商品が増えましたね。

ちょっと気になったニュースがありました。

・朝起きれない
・無気力
・冷え性
・風邪をひきやすい
・疲れやすい
・食欲がない
・思考力が鈍る
・吐き気がする
・肌がカサつく
・傷が治りにくい

これらは全て塩分不足による警告サインという可能性もあるようです。

少々の塩分過剰摂取なら汗や尿と一緒に体から出るので、

健康な人は必要以上に減塩するのは逆効果です。

適度に塩分を摂って、快適に眠れたら
朝はスッキリですね!

快適に眠るために、

ソフト面では工夫さえすれば、なんとかベストな状態を作れるかと思います。

では、ハード面は?投資さえすればベストな状態を作れます。

人生約3分の1の時間を費やす睡眠時間

みなさま、ぐっすりと眠ってください!

まずは、オーダーメイド枕から(^0^)

0 コメント

睡眠とダイエットの関係

ダイエットしてます。

年始のご挨拶でも申し上げましたが、ダイエットしてます。

一昨日、約1年ぶりに体重計に乗りましたが、

届いてはいけない数字に届きつつある自分の体重に、

ただただ呆然と

僕「おい、体重計よ、悪い冗談はよしなさい。。」
体重計「いや、アンタの体重こんなもんだよ。馬鹿じゃねえの。」
僕「そんな訳ないだろ、君。。」
体重計「子どもができたから幸せ太りなのか、運動不足なのか知らねぇけどアンタ、やばいよ」
僕「電池を変えてやった所のに何だね君は!!」

と液晶画面と言い合いしていました。


しかし彼は嘘はつきません。

悪いのは僕です。


だから、痩せます。

腹8分目以上は食べません。飲みません。



で、「睡眠とダイエットの関係」について調べてみました。

ザックリと申し上げますと
睡眠時間が短い人は痩せるホルモンの分泌が抑えられ
肥満体型になりやすいそうです。

(ばっちり睡眠してる僕が睡眠不足だったら…と思うと。。)


だから僕はしっかり寝ます。

0 コメント

十分な睡眠=夫婦円満!?

今日のニュースです。

カリフォルニア大学の研究で、
18歳~56歳までの60組の夫婦を対象に行われた調査。

睡眠時間と夫婦間の言動を記録したそうです。


すると、十分睡眠をとっている夫婦は
「ありがとう」等の相手を思いやる言動がまめで大きく表現する傾向があったそうです。

さらに十分睡眠をとっている夫婦に、
問題解決能力テストとやらを実施すると、
夫婦で協力して問題を解決したそうです。


確かに、質のいい眠りをしている両親、
そして僕と妻も夫婦ゲンカはないですね。(多分)

でも大事なのは、夫婦がともに十分睡眠できているかということ。

どちらか片方が睡眠不足なら、効果はありませんね。


この前ついつい深酒してしまって、イビキがうるさいと叱られたのがフラッシュバックしました。
気をつけます。。。


先ほど、ダンクリニックの無料貸出に行ってきました。

こちらの奥様、約1年前からダンクリニック愛用者様だったのですが、
ここ最近の寒さで、約2週間前からご自分のダンクリニックを寒がりのご主人に貸されていたんです。
(優しすぎる!)

という事は、
奥様はこの一番寒い時期にダンクリニック無しで、
夜を越されていたのです!


って事で先ほど無料貸出に行ってきました!


1週間だけでも使ってほしくてお持ちしたんですが、
大阪1番の笑顔で「1台買うわ!」って注文をくださったので、
僕も負けじと大阪1番の笑顔で「ありがとうございますっ!」って言って帰ってきました!


ダンクリニックは身体だけじゃなく、人の心も暖かくしてくれるんですねv(^0^)v


N様、納品までは貸出用で申し訳ございませんが、ゆっくりご夫婦で温まって十分な睡眠をとってください!

0 コメント

ぐっすり眠るための12の指針vol,11~12

おはようございます。

今日はいい天気ですねぇ。

手が空いたら、僕の相棒の3輪ジャジャ馬「カイミン号」をキレイにしてやろうかと思います。


今日は「ぐっすり眠るための12の指針」のラストです。
11、睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
12、睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
です。


僕のおじいちゃんや親父も、よく言っていました。

「酒呑んだらぐっすり寝れる。だから呑む」って。

まあ僕も受け継いじゃったんですが、勉強していく内に間違いだなと気付かされました。

実際、寝付きはよくなるような気はします。(深酒すると横になった瞬間気持ち悪いですが…)

ただ夜中、我慢できなくなってトイレに起きたり、
喉が渇いて冷蔵庫までトコトコと行ったり…ってなるんですよね。

しかも一番迷惑なのはイビキ

筋肉が緩んで喉が下がり、イビキになっちゃうんですね。


僕もこの前、妻にこっぴどく叱られました。。。



しかし、睡眠薬的な物がなければ寝れない方もいらっしゃいます。

「薬は嫌だから」という理由で寝酒をする方もいらっしゃるかもしれません。


僕は睡眠薬を飲んだことがないので確実に「こうだった」とは言えませんが、

どの情報を勉強しても「睡眠薬は正しく使えば安全」とあります。

一番気になったのは「寝酒よりもメリットが多く、デメリットが少ない」という事

そりゃあ睡眠するための薬ですからそうですよね。

それでも薬は嫌だ!という方。(僕もそうです)


眠れない原因は何なのかはわかりませんが、

環境を整えてやることで、ぐっすり眠るための一歩前進になるんじゃあないでしょうか。


極端ですが、北極で寝れませんよね?
北極でも、テントの中は暖かくて快適な寝具を揃えたら寝れそうな気がしますよね!


僕はそんな最高の環境の寝室をいつか完成させたいなぁと思います。

いいふとんだけ集めても、
今回紹介させていただいた「ぐっすり眠るための12の指針」のように、
普段からできることを意識しなければ、意味ないですけどね。


日本全国の皆さまがぐっすり眠れますように!

0 コメント

ぐっすり眠るための12の指針vol,8~10

昼から雨が降りそうですね。
それにしても寒い。
皆さま風邪をひかれませんようにお気をつけください。


昨日PCを触る時間が長かったせいか、背中と首が痛かったです。
妻曰く、僕の寝相がかなり悪かったようです。

でも今は完全復活です。


なんで?


「ダンクリニック」様のおかげでしょう。


いやぁこれを開発した方に、僕にその権力があるなのらば、ノーベル賞を差し上げたいです。


凝り固まった筋肉を遠赤外線で温めて血管が広がり、
陰電位が僕の血液をキレイにしてくれたのです。万歳。

いつも仕事着としてダンクリニックジャンバー(通称クリジャン)を着ていますが、
このジャンバーにもその機能をつけられないかと日々考えております。
(電源はソーラーで超薄型とか結構真剣に笑)

では今日のぐっすり眠るための12の指針はサラ~っと。

8、眠りが浅い時は、睡眠時間を減らし、遅寝・早起きにしてみる
9、激しいイビキ、呼吸停止、足のびくつきやムズムズ感などは要注意
10、充分眠っても日中の眠気が強いときは専門家に相談


眠りが浅い時は、それなりに何か原因があります。

ストレスなのか、寝具に問題があるのか。
「8の指針」を鵜呑みにはしないでください。
大切なのは原因を理解した上で、その解決方法を色々試すことだと思います。

睡眠時無呼吸症候群に代表されるイビキや呼吸停止。(←超危険)
さらには足がむずむずする方は大切な寝入りだけではなく睡眠中にも睡眠を阻害されているかもしれません。
本人は充分眠っているつもりでも、日中眠たいときは医師に相談するのも手かもしれません。


シリーズぐっすり眠るための12の指針は、明日の「vol,11~12の指針」にて締めくくらせていただきます。

0 コメント

ぐっすり眠るための12の指針vol6~7

おはようございます。

大阪の天気予報では月・火曜日と雨の予報でしたが、
今日の空も怪しいですね。

ふとんや洗濯物を干す際にはお気をつけください。


今日は12の指針6・7です。
6、規則正しい3度の食事。規則的な運動習慣
7、昼寝をするなら、午後3時前の20~30分。長い昼寝はかえってぼんやりのもと


食事
朝・昼・晩
と3食しっかり食べましょう!
やっぱりここでも重要になってくるリズム。

たまに僕は朝、ふとんが気持ちよ過ぎて、朝ごはんの時間を割いてまで、
ふとんにこもることがありますが…よくないですね。気をつけます。



運動

ぐっすり眠るためにはやっぱり適度な運動も必要なんですね。
しかも規則的に。

娘が1人で風呂に入れるようになったら、夜、決まった時間に軽いジョギングから始めようと思っております。


昼寝
「昼寝=サボる」の時代は終わる方向に進んでいるみたいです。

昼寝は頭の整理にすごく効果的だそうです。
昼寝15分が、夜の睡眠の1時間にも匹敵するとも言われています。

睡眠時無呼吸症候群など、夜にしっかり眠れていない方が増えている中、
睡眠不足による経済損失も年間数億円とも言われています。


アメリカの企業では昼休憩とは別に昼寝休憩を入れたり、関東の高校で昼寝の時間を入れたり。
どちらも業績や成績がアップしたそうです。

ただし昼寝し過ぎてしまうと、夜眠れなくなるのでご注意を。


明日のテーマは↓です!

8、眠りが浅い時は、睡眠時間を減らし、遅寝・早起きにしてみる
9、激しいイビキ、呼吸停止、足のびくつきやムズムズ感などは要注意
10、充分眠っても日中の眠気が強いときは専門家に相談


よろしくお願いします!

1 コメント

ぐっすり眠るための12の指針vol,3~5

今朝、妻からご指摘いただきました。

「ブログわかりにくい。私にゃ~意味がわかりまへん。」

ギクッ!恐れていた感想を頂戴し、反省。


単純にわかりやすくをモットーにやってきたつもりでしたが、
少々暴走してしまっていたようです。


皆さま、ごめんなさい。以後気をつけます。




今日は12の指針3~5です。

3、床につくのは眠たくなってから。入眠する時間にこだわらない
4、同じ時刻に毎日起床
5、光を利用。目覚めたら日光を入れ、夜の照明は控えめに


単純にわかりやすくという事で○×形式で・・・。
(×な僕と○な僕が妻に発する言葉という設定。お聞き苦しい表現お許しください。)

×「これはうちのルールや!毎日23時に寝るんや!さぁ、がんばって寝よう!」
○「そろそろ眠たくない?眠たいし、ふとん行こか~」
×「仕事の日は7時起きでしんどいし、明日の休みは昼まで寝るし!起こさんといてや!」
○「まぁリズムもあるしな、いつも通りの7時に起きよか~」
×「コンビニみたいにうちの中もガンガン明るくしようゼ!yo!でも朝からまぶしいしカーテン開けんといてや!woo!」
○「テレビまぶしいわぁ。部屋早く暗くしよ。間接照明ってお洒落でいいよネ。ほんで朝は目覚まし鳴ったらカーテン開けてくれい!」


って感じです。


いずれにせよ、朝はできるだけ決まった時間に起きて日光を浴びれば、必然的に夜はある程度決まった時間に眠たくなります。メラトニンの関係で。



今日は3件配達に行かせていただきました。
1件目は京都へ、セミオーダー的位置づけの枕を80代のご夫婦に。
2件目は滋賀へ、オーダーメイド枕を30代男性に。
3件目は地元の交野、古いふとんを打ち直したふとんを含むベビーの寝具セットを60代のご夫婦に。


自分のため、孫のため、と色んなストーリーがありますね。
ご都合が悪かったり、商品が大きい・重い時は今日みたいに僕が笑顔満タンで配達させていただきますので、
よろしくお願いします。


追伸、
すいません、今日は全て車で配達でした。相棒の3輪バイク「カイミン号」はお留守番です。
あっ、相棒が呼んでるんで19時ダッシュで帰りま~す。

0 コメント

ぐっすり眠るための12の指針 vol,2

2、刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を

今日はコレです。

刺激物とはなんぞや。

辛いもの?アドレナリンがムンムンのハリウッド映画?

心当たりのあるものには要注意。

脳に刺激をあたえると本来、眠る時に働くべき副交感神経よりも交感神経が優位になってしまいます。

(気にしすぎると逆に眠れなくなるのでお気をつけください)


僕は激辛の食べ物や「24」とかテンションが上がり緊張感マックスの映画類も大好きです。

でも最近は寝床に入る30分前には控えています。


「気」の問題もあるのでしょうが、そのせいで夢を見なくなったんだと思います。


快適な眠りのために、
ハード面はやはり寝具、寝室の環境を揃えなければいけませんが、
ソフト面は普段の気持ち次第でなんとでもなります。

5人に1人が眠りについてお悩みという時代の中、
少しずつでもこうやって発信して、みんなが快適に眠れたら・・・
なんて考えています。



今日はオーダーメイド枕で、
清楚なマダムがお二人ご来店されました。


知人の方が「あそこで枕作ってもらってみては?」とおっしゃってくれたそうで
Aさんは「肩こりが治るのでは」、Bさんは「仰向きで寝れるのでは」
と期待を胸に来店くださったんです。


枕は治療器ではないので「肩こりが治る!」・「仰向きで寝れる!」と断言はできませんが、
「一歩前進するのは確実だ」と声を大にして言いたいです!

それもそのはず。コンピューターを使って、その方だけの理想の寝姿勢をお測りし、
職人の手によって作製し、試し寝して、必要とあらば高さの微調整もその場でできるんですから!


お二人ともご納得の上、笑顔で出来上がったオンリーワンの枕を持って帰られました。

あのお二人が今晩、寝床に入るのが楽しみ♪って今ごろ楽しみでソワソワしてられるのかと思うと


僕のテンションは今日もまた上がってしまいます。。。。。。。



追伸、
相棒「眠り屋よねはら号」は絶好調です。
最近「眠り屋よねはら号」って言うのも、パソコンに打つのも面倒くさいので、
相棒は改名します。
今日からヤツは「カイミン号」です。
末永く相棒共々、よろしくお願いします。

0 コメント

ぐっすり眠るための12の指針 vol,1

日経ビジネスの記事です。


ただ以下の内容を気にし過ぎると、それはそれで眠れなくなると
筆者の川端裕人氏(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 睡眠学)もおっしゃっていますので
ご注意ください。


この方、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の睡眠や体内時計部門の担当らしくて、ホンモノです。
宇宙飛行士の6割以上が睡眠薬を服用してるんですって。みんな不眠症になって帰還するんですって。


重力がなくて運動不足になり、「骨粗鬆症」になったり宇宙酔いになったりとの問題は有名ですが、
「宇宙と睡眠」というテーマがあったのにはビックリしました。


ではその12の指針とやらを見ていきましょう。

1、睡眠時間は人それぞれ。日中の眠気で困らなければ充分
2、刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を
3、床につくのは眠たくなってから。入眠する時間にこだわらない
4、同じ時刻に毎日起床
5、光を利用。目覚めたら日光を入れ、夜の照明は控えめに
6、規則正しい3度の食事。規則的な運動習慣
7、昼寝をするなら、午後3時前の20~30分。長い昼寝はかえってぼんやりのもと
8、眠りが浅い時は、睡眠時間を減らし、遅寝・早起きにしてみる
9、激しいイビキ、呼吸停止、足のびくつきやムズムズ感などは要注意
10、充分眠っても日中の眠気が強いときは専門家に相談
11、睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
12、睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全


1日1項目解説していきたいと思います。


今日は

1、睡眠時間は人それぞれ。日中の眠気で困らなければ充分

「歳をとると必要な睡眠時間は短くなり、壮年では7時間が平均、70歳を過ぎると6時間弱になる。3時間睡眠で充分な人も10時間以上眠らなければばらない人も、まれにいる。誰も彼もが「8時間睡眠の神話」に縛られすぎると、睡眠への不満や不安が高まるばかりなので、自分の日中のパフォーマンスが悪くならない睡眠時間が最適と心得るのがよい。」

と、川端裕人氏はおっしゃっています。


つまり、単純に人によって必要な睡眠時間はマチマチということ。

何も意識せずに
日中眠たいのか眠たくないのか、自分に睡眠は足りてる感はあるのかを
考えてみると必然と必要な睡眠時間はわかってくるんじゃないでしょうか。

同じ人でもその日の体調や、睡眠環境によっても変わってきますけどね。


前にも言いましたが、恐らく僕は1日10時間程必要だと思います。僕はです。


でも睡眠環境が整っているおかげで6時間程寝れば日中元気に過ごせます。
(うちの寝室は赤ちゃんもいるので暖房等かけません。だから特に朝が寒いです。ですがダンクリニックでふとんの中は温泉浴。ポカポカ暖かいのでふとんから出たくなくなり、目は覚めててもギリギリの時間まで起き上がれないですが。。)

0 コメント

むずむず脚症候群かも!?

今日も新たな情報をキャッチしました。

しかも僕、この病気かもしれません。。


こんな事ないですか!?

ふとんに入ると身体が・・・

・虫が歩いてるよう
・かゆい
・むずむずする
・針でなぞられているよう
・動かしたくなる
・普段動いていると気にならないのに、寝床に入ると気になる
等々、人によって感じ方はマチマチですがどうですか!?


僕の場合は寝る前にクリームを塗るとかしてごまかせますが、
どうしてもかゆくなる時があります。
ミミズ腫れになっちゃうくらい。。

特に下半身がかゆくなるんです。太ももとか腰周りが。

この症候群、一定の姿勢を続けるとどこかがかゆくなるという定義があるみたいです。


・・・そういえば、ず~っとパソコンとかしてると首の後から肩がかゆくなる時もあります。


ん~どうすれば治るのか。。。

この「むずむず脚症候群」
「レストレスレッグス症候群」とか
「エクボン症候群」、
「下肢静止不動症候群」
と色々な呼び方があり、
17世紀からこれらの症状は確認されていたそうです。


なのに原因不明!
だから完全な治療薬はない。
しかし症状を和らげることはできる。

薬関係の発言は控えさせていただきますが、
普段、家でできる改善方法として

・脚をマッサージをすることにより筋肉の緊張を和らげる
・股関節のストレッチをする
というのがあります。


今日からやってみます。


ただかゆいだけと思っていてもそれで、
夜中に目が覚めたり、寝付けなかったりして睡眠を妨げられるのは
避けられるなら避けたいですもんね!?


お悩みの方がいらっしゃいましたら、それは正式な症候群のしてあるものなので、
医師に相談というのも手だと思います。


今晩からまた快眠レベルアップと思うと嬉しくてたまらない僕でした。

追伸、今日はチャリ通です。

0 コメント

僕は甘い物が大好きです。追伸、眠り屋よねはら号が故障。。

甘い食べ物って幸せですよね。


「女子か!」ってつっこまれそうですが、
僕は甘い物が大好きです。

今日はお得意様のI様から甘い物を差し入れしていただきました。
I様、ありがとうございます。
最高においしかったです!

甘くておいしい物はやめられません。
去年の妻からの誕生日プレゼントはズバリ、ホイップでした。
僕のリクエストなんで妻はケチった訳でもネタでくれた訳でもありません。


で、甘い物と睡眠との関係を調べてみました。

もちろんこれは過度の糖分摂取でのネガティブな事実ですが、
ご参考までに。

1、糖分をたくさん摂ると血糖値が上がります。
2、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。
3、血糖値が下がるとアドレナリンが分泌されます。

この「アドレナリン」。
通常は運動したりすると分泌されます。
興奮し、運動能力を高める作用があるそうです。

運動する前に糖分を摂るのはいいかもしれませんが、
寝る前にはよくないですよね。

知りませんでした。
ほぼ毎日、食後に甘~いアイスを食べその30分後には就寝態勢に入っていました。

(まぁそれでもすんなり寝れる僕は寝具に恵まれています。)

・・・という事は、寝る前の糖分摂取を控えたら
もっと寝つきがよくなる!?

これは幸せな「気付き」です。

ちょうど腹凹ます大作戦中なので甘い物を控えるいい機会かなと。


たまにお昼に食べるのは許してください。
これから忙しくなりますから。


そうそう、今月12日~15日は
「プレミアムなアウトレットセール」開催です。

お得意様だけにご案内差し上げている超お得な4日間です。

フツ~に使える、しかも品質は最高の優れものばっかり集めてます!
数にはかなり限りがありますので、どうぞお早めにご来店ください!
12日からですけど!



追伸、
僕の相棒「眠り屋よねはら号」三輪バイクが故障しました。
ギャーギャーと異音が凄いです。


今日、DMをお得意様のもとへポスティングに出かけたのですが
(朝からパッチも履いて防寒対策バッチリやる気満々モード)
店のごくごく近所で急に異音が・・・。
バイク屋さんまで持って行ったのですが、
半径50メートルに響き渡るあまりに凄い異音だったため、こちらが話す前に「ヤバイねぇ。」と一言。

悲しくて泣きそうでとりあえず店に帰ってきました。

今も相棒は店の横の駐輪スペースで泣いています。

次の休みにちょっと修理しようとしてみます。

0 コメント

睡眠時間についての一応の事実。

適切な睡眠時間については様々な議論・説がなされています。

昔から有名なのは一日8時間説。

いまやこれは昔の話となっています。

でも、8時間が適切な睡眠時間という方もいらっしゃるかと思います。


そう、今は人によって
(年齢・性別・体型・体調・温度等の様々な要因も含む)
適切な睡眠時間はマチマチだと言われています。



が、一応興味深い追跡調査結果が出たらしいので、
この場をお借りして発信します。


全国11万人に10年間の追跡調査をしたところ、
7時間(6.5~7.4時間)睡眠の死亡率が圧倒的に低いと。

アメリカの研究でも同様の結果が得られた
という事です。


まあこれはあくまで比率が高かっただけの話ですので
くれぐれも皆様独自の睡眠時間を探ってみてください。


そのために大切な事を・・・
1、朝決まった時間に起きる。
2、起きたら太陽の光を浴びる。
(メラトニン分泌スタート!!これはある意味、寝る準備に入る事でもあります。)
3、起床後約16時間後に眠れているようにがんばる。
(0時をまたいで寝るのが良いとされています。
眠りのゴールデンタイムは23時から翌2時という説は有名)
4、お昼寝は15~30分で。
(夜の睡眠の2~3時間分の効果があると言われています。
アメリカの企業では昼休みとは別にお昼寝タイムもあり、
実際に業績がアップしている。)



とか色々考えると寝れなくなりそうですので、
ご参考までに。

ゆっくりとお風呂で温まって、リラックスして、
オーダーメイド枕で快適に眠りましょうv(^o^)v

0 コメント

是が非でも睡眠をとらなければ、

アメリカの睡眠医学会の発表です。

イギリスとフランスの若者、
8時間睡眠と短時間睡眠の若者の白血球の数を比較したところ、

睡眠不足の人の白血球には、
免疫システムが危機的な状況になると分泌される顆粒球
と呼ばれる物質が含まれていた!


どういうこっちゃ!!


つまり睡眠は免疫機能に直接作用し、
睡眠不足はストレスを増幅させるだけではなく、
免疫力を低下させるということらしいです。


さらに、健康的な若者でも睡眠不足は脳卒中のリスクが
4.5%高くなるらしいです。
寝不足が血圧や心拍、血糖値の上昇を招き、
その結果脳梗塞の危険が増すとのことです。


こりゃ怖い。
いやぁこうやって権威ある機関の研究結果が
発表されるっていうのは事実なんだと思うだけに、
今日も朝一から、是が非でも寝なければ(笑)
と思う三代目修行中の報告でした。


追伸、今度は体温と免疫力の関係について報告したいと思います。

皆様、今日も一日張り切って活動して夜はぐっすり寝ましょう!

0 コメント

10人に1人が・・・。

今日は文ばっかりなので見にくいかもしれませんが
お許しください。

とあるコラムで見つけたデータです。


10人に1人が睡眠障害を持っているらしいです。
20人に1人が睡眠に対する何らかの悩みを抱えているらしいです。
60歳以上の8人に1人が睡眠薬頼みの睡眠らしいです。


他人事ではありません。


さらに日本人の睡眠時間が年々減少していると。


おぉまじか・・・。


この傾向は他国に比べ非常に危険な方向に向かっていると。


おぉ・・・。


結構な数の日本人が、
「寝つきが悪い」
「寝れない」
「すぐ起きる」
「起きられない」等々の現実的な悩みをお持ちなんです。


原因はやはり現代人のストレス。

ストレスといっても様々な事柄から起因するものだと思いますが、
こればっかりは生きている以上、仕方の無いことかなとは思います。


しかし、だからといって人間に平等に与えられた睡眠権を
時代が剥奪していいものでしょうか。


ハード面とソフト面をケアできれば少しでも質の良い睡眠ができるのではないでしょうか。



まずソフト面。

・体内時計(人間は25時間で周っている)を整える。
コンビニが24時間ギラギラと営業していたり、
ゲームが面白いからついつい夜中までやってしまったり、
忘年会だから夜中までワイワイガヤガヤやっちゃったり、

まぁ便利で、楽しくて、付き合いが合ったりと、


ある意味ストレス発散で悪い事ばっかりではありません。

これも質の良い睡眠をとるために必要な要素がなくもないですが
やっぱり続くと良くないのは事実かと。

だからしっかりと必要な睡眠時間をとって、朝日を浴びて、
活動して、起床から14~17時間後のメラトニンが分泌される時間に寝て、
23時から2時の睡眠ゴールデンタイムで、色んな良いホルモンを分泌させて、
スカッと起きて朝日を浴びると!


これができれば現代人の睡眠の悩みなんて無いわい。
って感じですよね。


じゃあどうする!?


そこで登場、ハード面。

ハード面だけでも理想の状態に近づける事で、
一歩でも前進できるんじゃあないでしょうか!


今日もオーダーメイド枕のお客様が何名もお見えになりました。
皆様、睡眠環境も違えば、お悩みも違う。

でも、睡眠について悩みがあって、何とかしたいと思い、
睡眠環境を前進させるためにご来店くださったのは皆様一緒。


枕だけでは100%快眠という状態にはなりにくいかもしれませんが、
大事な大事な一歩だと思います。


人によっては敷きふとんが固い・柔らかい
掛けふとんが重い・寒い等々の枕以外のピンポイントでのお悩みもあります。


しっかりとご自分の眠りを見つめなおしてなすって下さい。
人生変わります。



眠り屋よねはらはそんなお悩みを毎日お伺いして
解決の方向に進むお手伝いをさせていただいております。

僕は勉強中の身分ですが笑
掴んだ知識は少しでも発信していきたいと思います。


それでは皆様、good night!!

0 コメント

パジャマなんていらない。

パジャマなんていらない。


そう思っていました。
っていうか興味がなかったです。



先日、西川リビングのS部長がパジャマについてお話くださいました。

S部長には僕と同年代のお子さまがいらっしゃいます。

そのお子さまがパジャマ大好きらしいのです。
パジャマが気持ちいいと。
擦り切れるぐらいまで着続けていると。
そのお話を聞いていると、パジャマを愛されているんだなぁと。



そこまで聞いてしまったら着てみたくなるのが僕です。



その日まではロンTにスウェット。
気が付けば小学生の頃からそのスタイルでした。
大半の方が今の時代パジャマではなくそういったラフな格好ではないでしょうか。



半信半疑の中、自分用と愛する妻用に
大分早いクリスマスプレゼントとして買っちゃいました。
(うちの娘はまだ早いのでしっかり赤ちゃん用を着せていますよ笑)


この時、22時10分。
娘を風呂に入れて、妻が寝かしつけて、晩ごはん食べて、
パジャマに着替えた時間です。

自分で「嘘やろ」と思ったんですが、着た瞬間眠たくなりました。笑
(完全に気の問題やろな、と思ってたんですが、
 ついさっき社長に聞いたら睡眠生理学的にアリだそうです。)


で、体感としてズバリ気持ちいい。
写真でご覧の通り、ちょっと固そうなゴワゴワしている様な
見た目ですが、内側は柔らかいガーゼ地で気持ちいい。


これまた店長に今聞いたのですが、洗えば洗う程に
柔らかくなって気持ちいいそうです。



さらに!

その時は朝にやってきました。
いつもは寝起きはロンTのまま、
歯を磨いて、顔を洗って、ヒゲを剃って、
なけなしの髪をセットするのですが、

前がボタンなので脱ぐ時に髪に引っかからない!

ロンTならば脱ぐ時にグシャ~となります。

これはちょっとした朝の革命です。



皆様、パジャマに変えてみてください!
ほんま、気持ちいいです!



そんなこんなで僕もたった一日でパジャマのファンになってしまった報告でした。

まだ昼過ぎでさぁこれからって時間帯ですが、
それとは別問題で早く寝るのが楽しみです。



西川リビング製 
紳士用¥7245
婦人用パジャマ共に¥7875で販売しております。


しかーし、今社長にお願いしました!
「ブログ見た!」ってお店でおっしゃってください!
今月中に限り、6000円ポッキリにさせていただきます!
(数量限定です!)

0 コメント